禁煙マークに込められたメッセージ

禁煙マークに込められたメッセージ

禁煙マークを見たことがないという方は、ほとんどいないかと思います。しかし「あ、ここ禁煙か」その程度の印としてしか皆様は見ていないのではないでしょうか。禁煙マークに込められた本当の「メッセージ」をあなたは知っていますか?

禁煙マークの由来とメッセージ

禁煙マークを見たことがない人はあまりいないといえるでしょう。それだけ多くの方に浸透しているこのマークですが、その由来や込められたメッセージはあまり知られていません。改めてその意味を知り、理解することで禁煙の意欲につなげていく事や、周囲の人に正しい喫煙マナーを喚起する事が出来るためにも、一度学ぶことは有意義であるといえるでしょう。
禁煙マークの絵にはフィルターが表現されており、軽いタバコであってもダメであるという事をイメージして作られました。また、マークの中には、先端が赤くなっているものがありますが、これはタバコに火をつけると先端が非常に高温になるという事を表しています。
そこに込められるメッセージとしてはやはり喫煙のリスクを周囲に周知していきたいということがあります。特に受動喫煙については社会的に大きな問題となっていて、子どもや妊婦など受動喫煙が大きなリスクを及ぼす人を守る事もその思いに含まれています。
中でもこのマークが多く見られるのは小児科など子どもがいる場面です。これは、日本の受動喫煙率や、小児の死亡事故の中で誤ってたばこを飲み込んでしまう事が多くあるためです。海外に比べて分煙の概念が進んでおらず、たばこを吸う人の割合が減っているものの依然高い割合である事が関係しています。
本来禁煙マークが必要な状態というのは望ましいことではありません。だからこそ早期に分煙問題や受動喫煙者の数を減らしていく事が求められています。禁煙する人も、喫煙する人も、そうでない人も平和に暮らせるためにも喫煙マナーについて見直す事や、喫煙するということのデメリットやリスクを改めて考えてみる事が大切なのかもしれませんね。

■禁煙の第一歩はこちらから
ニコレットで吸いたいを軽減!