禁煙マークに込められたメッセージ

禁煙マークを見たことがないという方は、ほとんどいないかと思います。しかし「あ、ここ禁煙か」その程度の印としてしか皆様は見ていないのではないでしょうか。禁煙マークに込められた本当の「メッセージ」をあなたは知っていますか?

禁煙の20日目と物流の仕事について

物流と言うのは、倉庫内などでの入庫業務と出庫業務の事を意味しており、物流は正確さを要求される業務でもあるのです。
工場などから倉庫に品物が到着した場合、最初に行うのは伝票に記載されている品物が届いているのか否かを確認する検品作業が必要になります。
検品を行った際に、伝票に記載がない品物が届いた場合は、それを元の場所に戻す必要が有りますし、伝票に記載されている品物が不足している場合は、改めて届けて貰わないと、倉庫内の在庫品とは異なるものが入荷されていますので、注文を受けた時などのトラブルを引き起こす事になってしまうわけです。

それ故に、物流は入庫品に対する検品を正確に行う事、そして物流は倉庫内の品物を管理するなどの役割を持っており、物流管理を徹底する事で物流を円滑に行えるようになるのです。

尚、倉庫内と言うのは禁煙になっており、喫煙を行う場合は喫煙所などで行う必要が有ります。
倉庫は大切な品物の保管庫でもあり、喫煙をする事で倉庫が火災などに見舞われることも有るので、倉庫内は禁煙にしてあるのです。

禁煙をする人の多くは20日目が成功に導くか否かの分かれ道とも言います。
20日目と言うのは、明日で禁煙をして3週目に入る前の日でもあり、この時に喫煙をしてしまうと禁煙に失敗する確率が高くなると言います。

これは禁煙を開始する事で起こる禁断症状が収まる時期とも言われているのです。
20日目を境にして、これを越えれば禁断症状が収まるので、禁煙の成功率が高くなるとも言われているのです。
しかし、20日目で喫煙をしてしまうと、今までの苦労が水の泡と言う事になる時期でもあるのです。

尚、禁煙を開始すると最初の3日間は煙草を吸いたい願望が強いのですが、これを過ぎると徐々に減ると言います。